代官山サロンの新しい酸熱トリートメント

2019/06/10 ブログ

こんにちは。雨ですね。部屋の中で物思いにふけるにはぴったりのロマンチックな時期ですね。。wヒジカワです。先日少しお話ししていた現在美容業界でも話題の酸熱トリートメント。ハホニコケラテックスメント。本格導入しましたのでお知らせします。

特徴で言いますと

 

①ダメージなくストレートになる、もしくは癖が落ち着く

②髪質改善

③自然なハリコシ、しっとり感

④持続性が長い

 

ざっくり言うとこんな感じです。さて解説していきますね。

 

なぜダメージ無く癖が伸びるの?

 

通常ストパーをかける時、髪内部のシスチン結合(SS結合)を切りアイロン処理をします。このSSを切ることにより、内部の水分、タンパク質、油分などの間充物質が流れ出てダメージになります。ではこのケラテックスメント(長いのでケラテと略します、、、)はどうかと言うと近年髪内部の水素結合を切ることで癖が伸びることがわかりました。水素結合は切っても髪に直接的なダメージはないのです。

 

そして再結合させることで全く別の髪質にする。本当の意味での髪質改善が可能です。髪の強度も増すためダメージ毛はもちろん加齢による毛髪の痩せにも効果があります。

 

従来の反応型トリートメントと違い髪の結合を変えているので持ちも持続します。

 

実際に施術したお客様のレビューは

 

髪がしっかりした。サラサラな感じがずっとある。もしかしたら縮毛矯正しなくてもいけるかも。。。等のご感想を頂いております。

 

さて良いことばかりでなくデメリットも話しますと

 

1癖は落ち着くが伸びてはいない

2カラーリングと一緒にできない

 

矛盾したことをいってると思うのですが、縮毛矯正レベルのストレート感はないのです、、ただ今まで矯正をしていた方で今後やめる、もしくは回数を減らしたい方にはかなり有効です。癖にも種類があり、濡れた状態で癖がない毛髪、同じ状態でも癖が出ている毛髪。前者の方でしたら癖が少し伸びた感じがします。後者の方は伸びないまでも落ち着く感じがすると思います。

 

今まで3ヶ月に1回縮毛矯正していた方が半年に一回や年1に変わったり、顔まわりや気になるところは矯正してあとはケラテ。みたいな予定の組み方もできます。かなり負担の軽減に繋がると思います。

 

カラーリング並行の件はトリートメント自体が酸性領域の物に対してカラーはアルカリ性。相殺しあい、すこぶる相性が悪しなんです。ケラテる時はリタッチに留めた方が良いです。

 

とまあ今回は新しい毛髪改善酸熱トリートメントについてまとめてみました。実際にシェマに来ていただいて体感していただければと思います。

 

酸熱だけでなく髪のなんでもご相談にも親身に対応させていただきますので皆様のお越しをお待ちしております。

 

今後仕上がり写真もアップしていきまーす

 

代表 Hijikawa