渋谷、代官山の美容師のお暇。

2019/10/02 ブログ

こんにちは、鶴崎です。

 

先日お休みを利用して、お台場にある日本科学未来館に行って来ました。

担当させていただいてるお客様が未来館でキュレーターをされているご縁で何度か遊びに行かせていただいてるのですが、皆さんは行かれた事ございますか?

 

行った事がない方の為にざっくりとですがどの様な場所か説明させていただきますと。

最新の科学技術の紹介や、一般の方を対象にした科学技術の成果の発表などといった、最新の科学技術を一般の方にも展示物によってはお子様にもわかりやすく解説、展示してある場所です。

 

常設の展示の他に様々な企画展も開催されていていつ行っても楽しめる場所です。

入口近くにある超巨大地球儀ジオコスモスは特に僕の好きな展示の一つで、100万個のLEDを使用して宇宙から見た現在の地球の状態を投影した物なんですが圧巻です!

こちらは未来館のシンボル展示になってますのでいつ来館されてもご覧になれます。

 

今回の僕の目的は「マンモス展」!!

 

約4000万年前に絶滅したと言われているマンモスなのですが、地球温暖化の影響でロシア連邦サハ共和国の永久凍土からマンモスやその他の動物が次々と発掘されているらしく、マンモス以外にも仔ウマや仔イヌ、トリやバイソンなどなど様々な古代生物が展示されていました。

最大の特徴としては通常の化石などと違い、冷凍状態で出土する為見た目が非常に生々しいです。

展示されている古代生物は一部を除きフラッシュさえ点けなければ撮影もOKとの事だったのですが、倫理的な問題や苦手な方の事を考慮しまして写真は標本を上げさせていただきました。

気になる方はぜひ実際に足をお運びください。

 

2005年の「愛、地球博」でも公開されたユカルギマンモスの「YUKA」も展示されたいました!

 

永久凍土から発掘され、今日まで100年以上研究されてきたマンモス。

現在では世界の様々な研究機関が「マンモス復活プロジェクト」と題し、古代生物を現代に蘇らせる研究が行われている様なのですが、最新の科学研究を展開し、マンモスの真の姿をとらえようと研究を進めているのがなんと日本の近畿大学だそうです!!!!

一度絶滅してしまった生物を復活させる事については、先端医療や食料問題、地球環境問題といった様々な分野に役立つ可能性がある一方、倫理的な問題や生態系の影響などが危惧されているみたいなのですが、そう言う様々な問題も踏まえた上で僕としては・・・

ぜひ本当のマンモスの姿が見てみたい!と言うのが本音です。

だって見てみたくないですかっ!?マンモスに限らず恐竜や様々な絶滅種が本当はどんな姿をしていたのかっ!?

一般的にサイやゾウの様な外観(皮膚)をしていたと言われるティラノサウルスも最近では実は羽毛に覆われたモッフモフの姿をしていたと言われているんですよ!?

そりゃ確かに映画のジュラシックパークみたいな事になったら怖いですが・・・

きっと大丈夫です!!笑

 

ついつい熱く長ったらしく、且つ美容に全く関係ないブログになってしまいましたが以上鶴崎のお暇でした。笑

 

週の真ん中ですが皆さん素敵なお休みを過ごす為に毎日のお仕事頑張ってください。

 

鶴崎でした。