代官山、渋谷周辺のヘアサロンでインナーカラーなら

2020/03/21 ブログ

こんにちは。聖川です。

コロナの話題が尽きないですが早く収束することを願っています。

 

 

代官山、渋谷周辺のヘアサロンでインナーカラーなら

 

ブリーチでポイントで明るくしていろんなカラーを楽しむインナーカラーお客様でもオーダーが多くなってます。

今回は塩基性カラーについてお話しします。

 

塩基性カラーとは最近知名度が上がっているカラートリートメントの名称です。

カラー剤の種類としてはアルカリカラーなどの永久染毛剤、ヘアマニキュアやカラートリートメントなどの半永久染毛剤に区分けされます。

 

アルカリカラーはアルカリに反応し、髪の内部で脱色と染毛を行うのに対し

塩基性カラーやヘアマニキュアは髪の表面にイオン結合して染毛のみを行うものです。

 

塩基性カラーとヘアマニキュアの違いは色素の電子の違いと塩基性カラーの方がHC染料という少し髪の内部に定着する成分が入っています。

 

塩基性カラーのメリット、デメリット

 

メリットとしてはアルカリやジアミンを使わないためダメージやかぶれなどがない事とアルカリカラーに比べてより鮮やかな色合いを表現できる事です。

 

デメリットは脱色する力がないため単体では発色せず、ブリーチなどが必要です。色落ちがアルカリカラーと比べると早いのも特徴です。

 

ベースでブリーチを1回してしまえばしばらくの期間色々な色をその時の気分で楽しめますよ。おすすめです。

 

シェマでは塩基性に限らずいろんなデザインカラーを提案してますので興味ある方はスタッフまで!

 

代表 Hijikawa